お葬式での焼香の仕方について

お葬式での焼香の仕方について

仏式のお葬式に参列されたことがある方は、僧侶が読経を上げている際に焼香をする、という経験があるのではないでしょうか。実はこの焼香一つとっても、各宗派で手順など細部に渡り異なる点がいくつかあります。そこで、作法及び他宗派の事情についてご紹介します。

まずは、お葬式での焼香の手順を簡単に説明します。まず僧侶が焼香をあげ、読経を始めます。参列者で焼香を上げる順番も親族や席順などである程度決まっているためそれに倣い、自分の順番が来たら、焼香台の前まで移動します。遺族・そして僧侶に一例したのち、再度台に近づいて個人の遺影に一礼します。回数は宗派によって異なるため、定められた回数を行うようにしましょう。最後に再度遺影に向かって合掌し、一礼。遺族へも一礼したのち、自席に戻るようにしましょう。

先に簡単に触れた順番に関していうと、喪主が最初に焼香を行います。そして順に、ご親族の席順にて行います。なぜなら、お葬式の席次は、ご家族など故人と関係が深い方から順番に着席する流れとなっているからです。

実際に焼香する際、使用されるのは抹香というお香が一般的です。粉状になっているため、これを右手でつまみ、香炉にくべていく形になります。つまむ際は親指・人差し指・中指の3本の指で行うようにしましょう。くべる回数は状況によっても異なります。参列者の数によって左右されることもあるため、前の方などをしっかりと確認しておくのも良いでしょう。

では、宗派ごとでの作法の違いを説明します。真言宗では3回行うことが多いですが、これには仏教用語に三業・三毒を清める、三宝に香りを捧げるというものがあるためです。押しいただく儀式は1回で問題ありませんが、各地域・宗派によって異なる場合があります。

曹洞宗では2回が一般的で、主香・従香という意味があります。1本目は故人に祈念、2本目は先に行った薫香を絶やすことがないように、という意味が含まれています。他の仏教のお葬式では概ね1回となりますが、別れの一本線香という意味合いもあります。死を仏教では、一に帰るととらえられています。

その他にお通夜・法要などでは、線香を立てる場合が多くなってます。線香には火が長持ちする効果があり、焼香を簡略化するとした形で知られています。細部に渡ることは、地域や各宗派においてやり方が違いますので、地域の代表者の方に確認しておくと良いでしょう。若しくはお葬式当日に葬儀会社や僧侶などから指示があることもあるため、その場合は指示に従うようにしましょう。

焼香は各宗派においてやり方が異なりますが、それぞれに意味合いが含まれています。お葬式の際には、その宗派のやり方によって行ってください。その上で、故人及び遺族へのあいさつの気持ちをもって行うことが大切です。

INFORMATION

【2018年08月08日】 
ホームページを更新しました。